インスリン不足が重要なポイントの糖尿病

血糖値を下げてくれるのは「インスリン」以外にはありません。
これはすい臓から分泌されて体内の余分なグルコース(ぶどう糖)を除去してくれる働きをします。
もともとすい臓に疾患がある方は、その分泌量が少なく、十分な作用をしてくれなくなり血糖値を上げる結果になります。
また、すい臓に疾患がない正常な方で血糖値が高くなるのは「暴飲、暴食、運動不足」等の原因で、インスリンの分泌量が間に合わなくなってくるのです。
インスリン不足を補うには、血糖値の上がりやすい食べ物を控えて、すい臓を休ませる工夫をしてください。

これらの方法でも糖尿病が改善されず駄目な場合は「薬物療法」に切り替える必要が出てきます。
それは「インスリン注射」を行うことです。
医師からの指示通りに注射する時間とその量を確認して注入して下さい。
時間の誤差は少々なら大丈夫ですが、薬液量は多くても少なくても駄目です。
インスリン製剤は、2種類の製剤がありますが、いずれの製剤であれ医師の指示通りに行う事が大切です。
インスリン注射は、自分自身で注射することになりますが、皮下組織に注入するので注射針自体も短く痛みはさほどありません。
注射の際に注意することは、注射の前に「カラ打ち(体外で薬液を少し出してみる)」をして確認して下さい。