糖尿病をコントロール可能な症状

色々な病気、どんな病気にかかっても嫌ですが、特に「糖尿病」にはなりたくありません。
初期の糖尿病と診断された場合、日頃の運動量やその他活動量に適したカロリー以下を摂取することになります。
これは個人差があり、わが国では大まか3つのパターンに分類されています。
それは、「1. 軽作業の方、2. 普通作業の方、3. 重作業の方」の3つです。
体重1kgに対し、1の方は30Kcal以下、2の方は35Kcal以下、3の方は35Kcal以上となっています。
ここで問題は、体重が異常に重い「肥満系」方は慎重に対する補正をしなくてはなりません。
あくまでも身長に応じた標準体重に換算します。

この方法以外には、「運動療法」と言って、今まで以上の運動量をこなし、運動をしても疲れないないと思われる限界付近までの運動をしてください。
運動をして疲労が蓄積していくようでしたら中1日程度の休息日を設けてもかまわないと思います。
これでも駄目な場合は、「薬物療法」をおこなってください。
血糖降下薬やインスリンがほとんど分泌されない人等はこれに頼らなければなりません。
しかしこの方法は糖尿病初期の段階ではお勧めできません。
「食事療法・運動療法」で解決できればそれに越したことはありません。